-年-月-日 -:-

[PR 広告]

2014年12月26日 17:32

レーザーポインターを使う時に重要なポイント

普通はレーザーポインター使うのは簡単だ誰でもできるとそう思う。実は本当にですか?今日はここでいくつのレーザー使うポイント皆様に説明します。

一方、レーザーポインターの使い方はどうでしょうか?ただでさえ注目されてしまうレーザーポインターの使われ方、ここではプレゼンテーションでどうしたら上手く使えるのか二つのポイントに絞って説明します。

201412262

ポイント1)レーザーポインターはつけっ放しにしない

ずーっと付けっぱなしで喋るプレゼンターがいます。
見ている方は500mW赤色レーザーポインターの軌跡が気になってしまい、目の緊張が続きとても疲れてしまいます。
スライド以外も指しているので、色んな所に目が泳いでしまいます。
そしてそのレーザー光は天井や別の壁などを動き回り、話やスライドに注意が行かなくなってしまうと本末転倒です。
また身振り手振りが始まると、レーザー光が他の人の目に入ってしまうと言う思わぬ事故に発展する危険性もありますので注意しましょう。http://traveler.co-blog.jp/xiaofen/221802

ポイント2)レーザーポインターを持つ手を考慮する

操作するのは勿論利き手を使用する方が有利です。
しかしオーディエンスやスクリーンとの立ち位置との関係によっては、もしかしたら逆の手の方が良い場合があります。
スクリーンを見て欲しい時には、身振り手振りや移動をピタッと止め、若干スライドの方を見ながら話す方が効果的です。見ている方もつられてスグリーンレーザを注目するようになります。その後、ゆったりとオーディエンスの方を向いて話し出すと格好良いものです。
しかしずーっと背を向けながら話すのは逆効果です。位置関係によっては体を捻って、背を向けながら話さなければいけなくなるので、スクリーンを背にして、スクリーン側になる方の手で持った方が良い時もある事を覚えておきましょう。

以上の二つレーザー使うポイントが知りますがレーザーポインター販売 するのはもっと十分だと思う。

 

 


ブロプー

[PR]

 X 閉じる